八重山諸島3・石垣→黒島→石垣

石垣島

与那国島ですでにお腹いっぱいになっていたけど、
まだまだ先はあるのだ。


b0191693_1311576.jpgこの日の石垣島の宿は、「新栄荘」。
BIGINのボーカル比嘉さんの
実家であることで有名な民宿。
1階にはBIGIN関係のポスターなどでいっぱい。

部屋はシンプルで
ザ・沖縄の民宿という感じ。

冷房が、1時間100円なのが残念。





与那国の余韻に浸りつつも、町をブラブラ。
明日のことを考える。

b0191693_13134093.jpg
ホテルから近い居酒屋(というか食堂)
「はるちゃん」へ。

ここのママとその妹さん、
とてもいい人たちで
徐々に話が盛り上がってくる。




b0191693_13152774.jpg





島らっきょうが食べたかったのだけど
今は季節じゃないらしく、
無いとのことで残念。

ナーベラー(ヘチマ)チャンプルにする。
クセもなく、おいしい。

ママは、なんだか可愛らしい人で、
自分はカラスと話せるのだと言いはる。
おもしろすぎる。
自分で話したことで自分で大笑いしている。

そして、店内のテレビでは高校野球。
沖縄に来てからあちこちで高校野球を放送している。
みんな好きなんだなー。


途中から店のおとうさんも帰ってきて(昼間は畑をやっているらしい)、
おとうさんも一杯飲みつつ、さらに話は続く。
おとうさんは、これまた実は内地の人で、川崎の産まれだとか。
本当に多いナイチャー。
与那国から帰ってきたこと、明日は黒島に行くことなど話すと
知っている限りのいろんなことを教えてくれた。

いい店を知ったなー。また来よう。
観光地である町の賑やかな通りじゃなくて裏通りの店で
客は半分以上は地元の常連ぽい人たち。
やっぱりこういうのがいい。



次の日の早朝、この日泊まる宿(日ごとに違う宿になってしまったのだ)に
荷物だけ置かせてもらい、離島ターミナルへ。


b0191693_13223731.jpg

今日は日帰りで黒島へ。











黒島

約30分の高速船で
あっというまに黒島へ到着。

マイナーな島かと思いきや、
昨日の与那国よりも人が多い。
石垣から日帰りで来れるからかな。


港近くでレンタサイクルを借り、いざ島散策へ。
今日もあちーー!!!

b0191693_13243357.jpg
おおーのどかだ。


b0191693_1325769.jpg

黒島は牛が多いことでも有名。
人口200人位のこの小さな島。
牛の数のほうが多いらしい。

たしかに、あちこちどこを見ても牛。
特に大きな木の下には
たいてい牛がたむろしてる。






b0191693_13261891.jpg
あ!クジャク!!

そういえば昨夜、「はるちゃん」のおかあさんが
クジャクが多いのよーもう大変よぉ、
と言っていたっけ。
最初は違う島だかに
観賞用として入れたらしいクジャクが
脱走して繁殖しまくって
増えちゃって問題なのだそうだ。

野生のクジャクを見たのは
インドのラジャスータン州で見たの以来だな。


b0191693_1329971.jpg


しかし、暑いーーーー。
牧場ばかりの道は、影もなく
今日はあまり風もない…。

昔よりも暑いのが
苦手になってきた気がする
そんなお年頃。
がんばれ、あたし!!




b0191693_13311919.jpg












b0191693_13303988.jpg




b0191693_1331956.jpg

海水浴の人は
たいていこのビーチに来るようだ。

美しい…。













b0191693_13325256.jpg
ちょうど島のど真ん中にあたる集落「東筋(あがりすじ)」。
とても雰囲気がいい。


b0191693_13345521.jpg

静かな集落では
自転車を降りて押して
のんびり歩くのがいい。

道を掃除中のおばあちゃん。
「どこから来ましたか?」
「横浜です」
「ここは暑いでしょう」
「向こうも同じくらい暑いですよー」





b0191693_13362090.jpg
黒島の集落、
すごく気に入ってしまった。

そういえば与那国には
こういう雰囲気は無かったな。




b0191693_13372940.jpg



b0191693_13372912.jpg

汗ダラダラで、
食堂へ逃げ込む。
冷房ヒヤヒヤ~♪

八重山そばでランチ。







自転車を返し、港へ。

b0191693_13385152.jpg


約4~5時間ばかりの
短い滞在だったけど
ほのぼのしていていい島だったな。
特に集落の雰囲気が最高。
坂もほとんどなく
自転車がピッタリ。

今度は泊まりに来たい。








石垣島

またまた石垣に戻り、本日の宿へ。

b0191693_13402089.jpg

「かりゆし石垣島」。

1階はダイビングショップも兼ねた
このゲストハウス。

あとから「はるちゃん」のおとうさんの
話でわかったのだけど、
古い建物を改装してオープンして
まだ1年ほどらしい。

たしかに、部屋やトイレなど
とってもキレイ。

ベッドも大きくて居心地いい。

これで素泊まり2500円はイイ。
しかしやはり冷房は1時間100円システムだったけど。
民宿ばかりだと100円硬貨が大量に必要だ。


夜、また「はるちゃん」へ。
黒島の報告などなど。

違うお客さんとも和んだ。
石垣の白保出身で、今は茨城に住んでいると言っていた50代くらいの男性、
仕事は整体師らしいのだが、
島の行事や祭りなどについていろいろ教えてくれて面白かった。
先祖を内地よりも敬う沖縄では、正月よりもお盆の祭りのほうが重要で
親戚中が集まる一大行事だということ、
一年で一番盛り上がるお祭りは、「旧盆かなあ」「豊年祭かなあ」ということ。
どこかのお祭りもぜひ一度観てみたいなあー。
そして、よくよく話を聞いていると、なんとこの男性、琉球王朝の末裔らしい!!


b0191693_13471986.jpg

おかあさんは写真が嫌いで
「魂抜かれる~」(久々に聞いた!)と
逃げられ、おとうさんは忙しそう。
唯一、おかあさんの妹さんと写真を撮れた。








今日も充実した一日だったな。
[PR]
by naomi-bluegreeen | 2014-08-26 09:09 | Travel in japan