清水次郎長

3月の終わり。
静岡に住む友人宅に泊まりに行くことになった。
久々に18切符を使うため、どこかに立ち寄ろうと思い、
前から行ってみたかった清水の町へ。

横浜から東海道線で約2時間半。
清水駅からバスで少し行って歩くと、
清水次郎長の生家に着いた。

b0191693_1527419.jpg


b0191693_15273014.jpg


清水次郎長と言えば
言わずと知れた清水の大親分。

(右上が次郎長さん)



b0191693_15541015.jpg








次郎長28人衆。
東海一帯の各地区を代表するような
親分ばかりが集まっている。


次郎長さんといえば東海きっての侠客で有名だが
半生は、世のため人のために尽くした人だったのだとわかった。

明治になり官軍から逃げてきた幕臣たちなどを助けたり、
富士の裾野の開拓、新田開拓、
船宿や英語塾の経営などの清水港の発展への関わりなど、
数しれず。


子分であった28人衆も、実際には何百人何千人もいたとか。
前半生は博徒ではあっても、それだけの人がずっと慕ってきたということが
次郎長さんの人柄の良さを物語っている。
まさに、義理と人情の人だったのだろうと思った。
そして、晩年は、清水の町では「気のいいおじいさん」だったらしく、
子供にも好かれたらしい。

かっこいいなー次郎長。


b0191693_15394846.jpg

次郎長商店街は、
休日だというのにちょっと淋しい感じ。








b0191693_15403013.jpg






古い町は散策が楽しい。

次郎長がいた頃は
このあたりはどれほど活気に
溢れていたことだろう?








b0191693_15441194.jpg

次郎長さんのお墓。
子分である大政や小政、
森の石松などの墓も。
一際大きい次郎長さんのお墓の周りに
子分たちのお墓がある。

「侠客次郎長之墓」。
墓石に侠客と入れるところもすごい。
かっこいい。


 次郎長さんが経営した船宿「末廣」。
b0191693_154235100.jpg



  川沿いには今でも釣舟屋がけっこうあった。
b0191693_15432256.jpg







b0191693_15471921.jpg

清水の駅に戻り、
海側にある市場へ。










b0191693_1548634.jpg


            マグロ中落ち漬け丼。

            うまーーーい。







b0191693_1548467.jpg



いいところだな、清水。

また来よう。
[PR]
by naomi-bluegreeen | 2014-04-11 15:59 | Travel in japan