カリグラフィー


トルコ南東部・マルディンに住む友人は
アラビア語のカリグラフィーを好んで描いている。
カリグラフィーは、もともと西洋などにおける、日本とは異なる書道なのだが
イスラム圏ではコーランの一部をカリグラフィーを用いて書かれたりする。
モスク内にも良く飾られている。

8月に彼女の自宅に泊まった時も
たくさんのカリグラフィーを見せてもらった。

b0191693_22165999.jpg


アラビア語がまったくわからない私から見れば
それらは文字ではなく美しい絵。



b0191693_22201264.jpg

これは、以前彼女が送ってくれたもので
私の名前をアラビア語で描いてくれたもの。
どこがどうなってるんだか全くわからん。
でも素敵。












b0191693_22211994.jpg

私も彼女に
では、日本語の書道の文字を、と思いたち
書いてみて送った。
ちゃんとした墨で描いた習字ではなく
筆ペンなのでイマイチだけど
雰囲気は伝わるかな。

なぜか平家物語。
祇園精舎はインドにある。
江戸時代頃、日本人の中で
カンボジアのアンコールワットを
祇園精舎だと思い込んで
わざわざお参りに行った人が
けっこういたそうだ。


夜明けのアンコールワットで
虫の鳴き声しかしない静けさの中で
なんとなくそのことを思い出したことがあった。



ヘタくそだったけど、習字の授業はわりと好きだったな。
あの墨をする時の感触と匂い。
ちょっと懐かしくなって、習ってみたくなった。

海外の文化に触れると
フシギと日本の文化にも
以前よりも深く触れたい気持ちになる。
[PR]
by naomi-bluegreeen | 2011-10-02 22:34 | photos