沖縄の旅・久高島上陸!

沖縄本島以外にも
どこか近辺の離島に日帰りで行きたいと思い
決めたのが久高島(くだかじま)。

前から個人的にかなり気になっていたし
本島の西側の慶良間諸島は、
前に行ったことがあったし、
ダイバーが多くて私たち家族には賑やかすぎるかもと
思ったのです。


b0191693_16522588.jpg

本島の南の端に位置する
安座真港から
船は出ています。

ちょこっとしか写ってませんが
右にある車はレンタルした
日産キューブです。


ハンドルの横にギアが付いていて
ハンドブレーキではなくフットブレーキ。
この手のタイプの運転は初めてで
初日、空港で借りた時、私も兄もかなりあせりました。
でも慣れるとこれも快適ですね。


久高島まではフェリーで約20分という近さ。

すぐに見えてきました。
b0191693_16594498.jpg


神の島・久高島に上陸です!
b0191693_1702439.jpg
数多い沖縄の島のうち
最初に久高島に上陸した
沖縄の始祖が
その後本島に渡ったのちに
沖縄は開けた
という言い伝えがあることから
この島は沖縄発祥の地とされ
それ以来、
神の島と呼ばれているようです。



現在でも神に祈る年中行事が多く
神人(かみんちゅ)しか入れない
神の領域などがたくさんあります。




なにはともあれ
無事に久高島の神から入ることを許されたようなので
あちこち観光です。

島の先端まで車で時速20キロくらいで
ゆったりゆったり走る。
多くの観光人はみんな自転車です。

 岬まで続く道。
b0191693_1765299.jpg





フボー御嶽。
b0191693_8204747.jpg
琉球の七大御嶽の一つとされています。
男子禁制の場として有名ですが、
これはこの島で祈りを行うのが女性の役目だったからです。
現在は女性でも入れません。
イザイホーという、島で一番神聖な祭りの時のみ
神人(かみんちゅ)だけが入れるといわれます。

写真に載せると良くないとウワサを聞きますので
現場をお見せできませんが、
かなり鬱蒼とした林の中にあり
一人で雨の日に来ると
ちょっと怖そう・・







b0191693_1834621.jpg

島の公民館にあった
シーサー。



b0191693_1722353.jpg


                 貝殻とサンゴで出来た置物。












集落は沖縄独特の石垣、石畳の道で
情緒があります。
b0191693_17234698.jpg












b0191693_17241583.jpg

















b0191693_1841871.jpg





b0191693_1843654.jpg




       石垣の上には
       良く貝殻が置いてあります。










集落の中にも
あちこちに神々を祀った場所があります。
b0191693_17271441.jpg




b0191693_17273616.jpg















島で一番古いとされる民家。
五穀の神様が祀られています。

b0191693_172872.jpg

















b0191693_17554981.jpg

島の名物、イラブー(海蛇)が練りこまれたそば。
見かけはイマイチですが、
味はわりとさっぱりしておいしかったです。
右のもずくもうまい!




b0191693_1731389.jpg

ざくろでしょうか。















b0191693_1731208.jpg



この島からは
貝殻もサンゴも
何一つとして持ち出してはいけません。
海水浴やダイビングも禁止です。
なので、たくさんカメラに収めてきました。
b0191693_17321257.jpg










b0191693_1732298.jpg

b0191693_17324824.jpg












b0191693_17585263.jpg


















               海の向こうのニライカナイに向って。。
b0191693_17184519.jpg






              久高島をあとにする。
              また来よう。
              島に呼ばれたら。
b0191693_17342194.jpg






*久高島ホームページ*
http://www.kudakajima.jp/index.html
[PR]
by naomi-bluegreeen | 2010-12-02 17:51 | Travel in japan