中国茶入荷!


良く香港に行く兄が
またどっさり中国茶を買ってきてくれました。
ワーイ003.gif

b0191693_2095989.jpg

(味の素のビンは、その大きさを比較するため置いてみました)

私はほとんどコーヒーを飲まないので
日ごろはお茶ばかりいろいろ飲んでいます。

日本の紅茶、緑茶、そば茶は定番。
最近は、8月にインドで買ったチャイもほぼ毎日。
ベトナムに良く行っていた頃は
ベトナムのお茶(ロータス(蓮)茶、ベトナム緑茶など)も好んで飲んでいました。


そして
つねに何種類も置いてある中国茶はうちでは定番の飲み物。



中国茶には、
加工法の違いによって、大きく6種類(青茶・黒茶・緑茶・紅茶・白茶・黄茶)に分けられます。


私が好んで飲むお茶は

白牡丹茶、寿眉(そうめい) 茶などの白茶、
鉄観音茶、烏龍茶などの青茶、
普茶などの黒茶、
そして、ジャスミン茶などの花茶
などがあります。

特に白牡丹茶、寿眉(そうめい) 茶などの白茶は
とてもさっぱりと飲みやすく飽きのこない味で、ほぼ毎日飲んでいます。
白牡丹茶は日本で買うと高級茶になりとても高いらしく
寿眉(そうめい) 茶はおそらく日本では売っていないようです。
どちらも香港では手ごろな価格で購入でき、現地では一般的なお茶として飲まれているようです。
どちらも飲みやすいので、どうして日本でメジャーにならないのかがフシギです。


063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif063.gif

中国茶には、一般的に
脂肪の吸収を抑制したり、脂肪の燃焼を促す効果があることがあると言われています。
お茶の種類の中には、それぞれ効能があり
ウーロン茶ポリフェノールは、茶葉に含まれているポリフェノールの中でも、
中性脂肪の分解、老廃物排出機能に優れているといわれています。

また、プーアル茶は利尿作用や新陳代謝を活発にする効果に優れ、
血液中の脂肪酸を減らすとされています。
香港に行って飲茶店に入ると、たいていプーアール茶が出てきましたが
おいしい飲茶はついつい腹10分目まで食べすぎてしまいますが
いくらたらふく食べても、プーアール茶をたっぷり飲むせいなのか
その2~3時間後にはお腹の中は消化されたようで、またフシギとお腹が空いてくるのです。

カテキンやカフェイン、そしてビタミンCやEなどの各種ビタミン類が多く含まれる緑茶は美容に、
香りの良いジャスミン茶などは、その香りをかいで満足すると、
筋肉が弛緩し脳細胞に休息と活力を与えると言われています。
特にお茶の香りの成分には精神安定効果があるとも言われ、リラクゼーションには最適だとか。



中国茶についてのサイトを
いくつか見つけたので、ご紹介しておきます。

http://www.arachina.com/culture/tea/zl.htm

http://www.wendy-net.com/nw/beauty/china-cya.html
[PR]
by naomi-bluegreeen | 2010-10-11 20:42 | Asian